So-net無料ブログ作成
検索選択

民主主義を殺すのか?~「共謀罪」法成立~ [時事雑感系]

 この国の歴史上たぶんトップクラスの悪法が成立した。法の中身は言うに及ばず、ひどかったのは成立の過程だ。法務委員会審議を打ち切り、いきなり本会議での強行採決。こういう方法があるとは知らなかったが、これはよほどの緊急事態を想定しての方法ではないのか。審議をするたびに疑問点が湧いてくる、質問をする度に答えになっていないような答弁がなされる、世論調査でも多くの国民が反対もしくは疑問を感じている・・・そんな法律をなぜこうまで急いで成立させる必要があるのか。「加計問題封じ」のために「熟議の府」参議院をないがしろにしたとしたら、到底許せない暴挙だ。これはもはや民主主義ではなく、専制政治だ。

 そもそもこの法律、何をめざしてのものなのか。「テロ等準備罪」新設法というが、これがテロ防止に役立つとは到底思えないし、パレルモ条約締結に必要不可欠というわけでもなさそうだ。まして国連条約締結を理由に挙げながら、国連機関の専門家からの助言に聞く耳を持たないなど、矛盾そのものだ。唯一考えられるのは、多くの人々が指摘しているように、「物言う国民の口封じ」あるいは「政権批判をしにくい空気づくり」か。だとしたら、この政権は民主主義を殺そうとしている。民主主義の最大のキモは決して「多数決」ではなく「多様な意見の尊重」だと思うからだ。

 かつてドイツではワイマール憲法下でナチズムが台頭し、ヨーロッパ、そして世界を戦火に巻き込んだ。ときに民主主義はそのシステムの下で全く相容れない政治体制を育ててしまうことがあるということだ。この間、安倍政権が為してきた「仕事」、つまり「特定秘密保護法」や「戦争法」、そして今回の「『共謀罪』法」などを見てくると、この国の民主主義は「だいじょうぶなのか?」と思ってしまう。とんでもない世の中が音もなく(・・・いやもうすでに大きな音を立てて・・・)近づいてくるような、もうすぐそこまで来ているような気がしてならない。

 これで外堀を埋めた安倍政権は、いよいよ本丸である「改憲」への歩みを早めると言われている。どのような悪法が作られようが、最終的に小生たちを守るのが憲法に他ならないと思う。逆に考えれば、憲法が変えられたときが本当に国の姿が変わるときといえよう。憲法論議には、「押しつけられtた」「時代に合わない」「世界情勢が変わった」等々様々な意見があるが、少なくとも70年以上、この国の平和と繁栄の礎となってきたことは確かだし、憲法を変えなければできないことや憲法がじゃまをしてできないことがあるとも思えない。まして、今回の「共謀罪」法のように、ルールを無視することをなんとも思わない人々に、最高のルールをゆだねることはできない。今度こそ本当に民主主義のチカラが問われることになる。うなだれたり、縮こまったりしている場合ではない。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。