So-net無料ブログ作成
検索選択

オランダへ行ってみた!その1~チューリップの「聖地」? キューケンホフ公園~ [紀行系]

holland1-006.jpg

 何年か前に連れが東京のオランダ大使館で「本場の」チューリップを見てきた。そのころから「オランダへ行ってみたい!」と盛んに言っていたが、小生は「まあいずれそのうちに・・・」などと気のない返事をしていたものだ。なにせオランダのチューリップは3月下旬頃から5月中旬くらいまでと、まさに期間限定で、なかなかチャンスがなかったが、今年はGW後半から少し時間がとれたので「なんとかまだ開花時期に間に合うだろう・・・」ということで行ってみることにした。

 成田からアムステルダムまでは約10時間、1年で7週間しか開園しないという「キューケンホフ公園」へのアクセスと、割と静かなところということで、宿泊先はスキポール空港から電車で30分ほどのライデンという町に決めた。

holland1-022.jpg
ライデン駅、ものすごくモダンなデザイン

holland1-000.jpg
ホテルは駅の正面、これは便利だった

holland1-001.jpg
部屋の窓からは駅前バスターミナルと電車が見える。オランダは自転車が多い

 めざすキューケンホフ公園は、ライデン駅からバスで30分くらいだが、開園期間中、日中は大変な混雑になるようなので、朝一番のバスで向かうことにした。バス乗り場は目の前で、このホテルの選択は大正解だった。

holland1-021.jpg
キューケンホフ公園の入口、もう開門待ちの行列ができている

 9時の開門を待って入場したが、この公園、なにしろ32ヘクタールの敷地に森があり、川が流れ、そこの700万株のチューリップが植わっているというのだから、まさに桁外れだ。ちょっとやそっとでは歩ききれるものではないが、趣向を凝らした植栽に、つい時を忘れて4時間以上も歩き続けてしまった。

holland1-020.jpg

holland1-017.jpg

holland1-019.jpg

holland1-023.jpg
なんと黒いチューリップだ!

holland1-016.jpg

holland1-018.jpg
園内の一角には風車があり、展望台になっている

holland1-015.jpg

holland1-014.jpg
園内には八重桜も!Japan Garden だそうな

holland1-013.jpg
圧倒的なボリューム!

holland1-012.jpg

holland1-011.jpg

holland1-010.jpg
他の花も上手にあしらって、目を飽きさせない

holland1-009.jpg

holland1-008.jpg

holland1-024.jpg
川の流れのように・・・

holland1-007.jpg
森の木々と水とチューリップのハーモニーがすばらしい

holland1-005.jpg

holland1-004.jpg

holland1-003.jpg

 お昼を食べることも忘れて歩き回ったが、あまりにも広大すぎて到底全部を回ることはむずかしい。それでもいちおう見どころは押さえられたようなので、切り上げることにした。しっかり歩いていささか疲れたが、圧倒的な花に囲まれて、Happyなオランダの観光第一日目だった。

holland1-002.jpg
公園内の休憩スペースは来園者でぎっしり、国籍もさまざま

※旅情報
・キューケンホフ公園へはライデン駅からバスで30分くらい。チケットは「バス往復」と「公園入場料」込みの「コンビチケット(ひとり24ユーロ)が便利。インターネットで購入できる。
・利用したホテル ibisライデンセンター ツインルームで1部屋1泊12,000円くらい(朝食別15ユーロ)清潔で快適だが、湯わかしポットと冷蔵庫がないのが残念。

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。