So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

「菜の花プロジェクト」に参加してみた!~ど素人の菜の花づくりレポート~ [農業系]

41A37D4C-EA8E-4D5C-A3A0-38337A7B8018.jpeg

<以前このブログで触れた「菜の花づくり」について、まとめてみました>

 小生、以前から妻の実家の農地を引き継いで、とりあえず草を生やさないためだけの管理をしてきた。しかし毎年毎年、ただ草刈りやトラクターをかけるだけの作業ではあまりに不毛で、かといって3反歩(30アール)もの土地で本格的な農業をやる根性もなく「どうしたもんか」と思い悩んでいたときに出会ったのが「菜の花プロジェクトin甘楽」だった。

 「菜の花プロジェクトin甘楽」は、小生の自宅からほど近い群馬県甘楽町を中心に、遊休農地などを活用して、自分たちで育てた菜種を使った菜種油を生産・販売している農業法人。ここの特徴は農薬も肥料も使わない自然栽培・自然農法で育てた菜種を使い、昔ながらの機械圧搾しぼりで、添加物など一切使わない「ただしぼっただけ」の菜種油だということだ。

 このグループが菜種を採るための農地を探していることを知ったのが昨年9月。なんでも近年、首都圏を中心とする生協でも扱ってくれるようになり、生産を拡大したいとのこと。こちらの畑の状況を伝えると、種まきに丁度よい時期とのことで、とんとん拍子に話が進んで、「菜の花プロジェクト」参加と相成った。以前から春の到来を告げる一面の菜の花畑にあこがれていた小生にとっては、なんともうれしい遊休農地の利用法だ。

2017nanohana1.jpg
種まき直後の畑

 プロジェクトのリーダーに大きなトラクターで来ていただいて、種まきを済ませたのが9月下旬。今後2週間くらいで発芽、ある程度大きくなってきたところで1回目の「中耕除草」、そしてそのまま冬越しさせるのだという。小生の畑は高台にあり、非常に乾燥している上に冷え込みも風当たりも強い。こんな厳しい環境で大丈夫なのかと思うが、むしろ田んぼのような湿り気のある土地ではうまくいかないとのことだ。

2017nanohana2.JPG
10月中旬予定通り発芽、うれしい!

2017nanohana3.JPG
10月下旬、少し大きくなってきたところで「中耕除草」耕耘機をかけてないところにはびっしりと草の芽が出ている

2017nanohana4.JPG

2017nanohana5.JPG
中耕除草を終えきれいになった畑、これで冬越し

 この冬は雪こそ少なかったが、けっこう寒さが厳しかった。2月頃になって菜の花畑は大丈夫だろうかと、ときどき見に行ってみたりしたが、10月に除草したときに比べて何となく元気がないような...。そうこうしているうちに、2度目の中耕除草の時期になった。

2017nanohana6.jpg
3月中旬、冬越しして何となく元気がなさそうな菜の花

2017nanohana7.jpg
まだ草は少ないが、今後のためにひととおり除草

 心配になって菜の花プロジェクトのリーダー氏に聞いてみたところ「まったく心配ない」というお返事、「開花時期になれば一気に大きくなる」とのこと。一安心だが、自分の目で確かめるまでは不安はぬぐえない。そして4月、ようやく開花の時期を迎えた。

2017nanohana8.jpg
ちらほらと咲き始めた

2017nanohana9.jpg
茎や葉は見違えるように立派に

 4月上旬、開花がはじまってからの菜の花畑は、日一日と色を濃くしていく。ときにはこんな光景も見せてくれた。

2017nanohana10.jpg
畑を通りかかったときの不思議な光景、黒雲をバックに強烈な西日で、隣の畑のハナモモが浮かび上がっていた

2017nanohana11.jpg
雨上がりの菜の花畑、上空の雲がきれい

 4月中旬、ようやく満開に近づいたようだ。この半年、折々の畑の状態に一喜一憂してきたが、こうして一面の菜の花を目にすることができた。まだこれから菜種の収穫、畑の管理そして来年に向けての作業と未知の仕事が続くが、何年も続けてきた「草を生やさないだけの畑」から「収穫できる畑」にできたことの喜びは大きい。小生の今年一番のHappyだ。

2017nanohana00.jpg
4月16日、ほぼ満開となった

※「菜の花プロジェクトin甘楽」に興味のある方はこちらへ↓
http://www.soeinet.or.jp/~suneya/nanohana-HP/



 
nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

これこそ教育の「不当な支配」ではないのか?~前川氏の講演問題~ [時事雑感系]

 前文部科学事務次官の前川氏が、名古屋市の公立中学校で行った授業(講話)に関して、文科省が「おどし」や「いやがらせ」とも取れるような「確認」を行っていた。報道されている内容によれば、文科省は、前川氏の天下り問題による辞職や「出会い系バー」への出入りなどに触れた上で、説明を求める質問状をメールで送っていたという。

 文科省のこうしたアクションの背景には、自民党の「文部科学部会」に所属する議員からの「問い合わせ」があったようだ。このことについて当の自民党議員氏は「・・・法令に準拠した授業だったかどうか・・・地元の人の懸念があればその声を国に届けることは大切な仕事・・・」と言っているらしいが、これまでも国が学校に、現場での授業の内容についてよく「質問」をしていたというのだろうか。もしそうだとしたらこれはこれで大きな問題だ。国と地方の力関係からみて、到底対等の立場でのやりとりとは思えず、「圧力」であることが明らかだからだ。

 そもそも1947年に制定されたの教育基本法は「教育は、不当な支配に服することなく」と定めている。吉田茂内閣が1946年に設けた教育刷新委員会で、幣原喜重郎元首相の「今回の敗戦を招いた原因はせんじ詰めれば教育の誤りにあった」という問題意識から盛り込まれたといわれている。

 戦前、教育勅語を足がかりにして、軍部が国家主義的な教育を押しつけた歴史に鑑みて、1947年の衆院教育基本法案特別委員会では、旧文部省は、「不当な支配」に関して「従来官僚とか一部の政党とか、不当な外部的な干渉によって教育の内容がゆがめられた」と説明し、教育現場の自主性を重視してきていたはずだ。実際に文科省のホームページにも教育基本法の意義について「党派的な不当な支配の介入があってはならない」との解説を載せている。

 林文部科学大臣によれば「必要に応じて教委に問い合わせや事実確認をするのは通常のこと」として法律的に問題はないとのスタンスのようだが、問い合わせメールの内容は「執拗」ともいえるいやらしさだ。これを圧力と感じないほど鈍感な官僚がいるとも思えない。元文科官僚の寺脇研氏も「内容が法律や学習指導要領に反しているならともかく、市教委が適切と判断して認めたことを、さらに問い合わせるのは異常だ」と疑問を投げかけている。

 小生も昔のブログに書いた記憶があるが、2006年、第1次安倍政権のときの教育基本法の「改正」では「不当な支配に服することなく」に続く規定が「国民全体に対し直接に責任を負って行われる」となっていたものが、「法律の定めるところにより行われる」に置き換えられた。
※jmhの昔のブログ記事はこちら↓
http://xl1200s.blog.so-net.ne.jp/2006-11-16

 それまで教育の政治からの中立性を保障する規定だったものが、多数決による政治の力で左右されるような事態も考えられ、「国家権力が教育内容に介入することが可能になってしまう」という懸念が出ていた。このため、当時の伊吹文明文科相が国会で「不当な支配かどうかは司法で最終的な結論が出るのが日本の統治システムだ」と確認した経緯がある。

 今回の出来事は、まさに「国の教育への介入」であるとともに、政権にとって不都合な人物を社会から排除するような意図も感じられ背筋が寒くなる。前川氏は最近長野県で行われた講演の折に「質問状を送り付けたのは前代未聞で、不当な支配に当たる」という認識を示すとともに、文科省の対応には「情けない。現場を不当な政治的介入から守るのが仕事なのに、教育行政として果たすべきことを果たしていない」と述べたという。全く同感だ。

 この問題、一退官者の講演を巡る騒動などではない。憲法と教育基本法の理念に照らして現在の政権の振る舞いをどう評価するかという問題だ。今回のことや森友問題などを見るにつけ、官僚が行う仕事の目線が一体どこを向いているのかということを感じてしまう。かつて前川氏が言った「行政の公平・公正」が損なわれたという表現が、最もよく本質を表していると思う。全く残念なことなのだが、そういう現実を感じてしまう。「国家百年の計」がこんな姿でいいとはとても思えない。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「メンタルヘルス」の問題か?~米国の銃乱射事件~ [時事雑感系]

 米国でまたなんとも痛ましい事件が起きてしまった。高校で若者が銃を乱射し、17人が犠牲になったという。いったい同じ事件を何度繰り返すのか。問題の所在は明らかなのに、一向に解決に向けた動きにつながらない。小生の感覚では全く理解できない、あの国にある深い闇の一つが銃規制の問題だ。

 トランプ大統領は今回の事件について「命の尊さを重んじ、深く意義深い人間関係を構築する文化を、米国に作らなければならない」「政府は州や地元自治体の指導者と協力し、学校を救い、メンタルヘルスという難しい問題に取り組む」と語ったという。そして銃規制には一言も触れなかったらしい。またツイッターでも「容疑者は精神的に不安定という多くの兆候があり、素行の悪さで退学となっていた」と、事件の容疑者の精神状態を問題視する書き込みを行っているという。

 たしかに「命の尊さを重んじる文化」は何よりも大切だし「メンタルヘルス」の問題も重要だ。しかし問題はそこではないだろう。ましてや「精神的な不安定」や「素行の悪さ」至っては、何をか言わんやだ。トランプ氏は、昨年10月にラスベガスで起きた、死者58人という米史上最悪の銃乱射事件の際にも、事件の背景が分からないとの理由で、銃規制に関する発言を拒んでいたという。

 いかに大統領選で銃規制に反対する全米ライフル協会(NRA)の支持を受けて当選したとはいえ、これほどに大勢の尊い命が失われる事件が相次いで発生する事態に直面しても、最も効果的な対策と思える銃規制に踏み込めない、ましてや「銃規制」という言葉さえも避けて通るような姿勢は、どうにも理解できない。トランプ氏がよほどどうかしているのか、または米国という社会がよほど特殊なのか・・・。全くわからない。

 トランプ氏の発言や行動は、多くがこれまでも物議を醸してきたが、最近の北朝鮮を巡る一連の発言や、エルサレムに関する発言など、どれも世界に混乱を引き起こしている。かつていろいろな意味で世界をリードしてきた米国の姿は、今大きく様変わりしているように見える。

 そんな米国を相変わらず最大の「同盟国」(考えてみればこの言葉もいつから使われ始めたのか?同盟など結んだことはないと思うのだが)として追従しているのが小生たちの国だ。とりわけ安倍総理とその周辺の皆さんは、米国には一言たりとも物を言ってはいけないと思っているようで、たびたび起こる米軍機の事故や米兵の事件などにも、えらく「寛容」だ。とりわけ沖縄の基地移転の問題など、政府が誰の味方なのかさえわからない始末だ。

 先日トランプ氏が小型核兵器の開発なども含む「核体勢の見直し」に言及した際にも、河野外務大臣は「高く評価」していたようだ。唯一の被爆国の外務大臣の発言とは思えないが、この人も「核の傘」を信じているのかと思うとがっかりだ。よもや今回の銃乱射に対するトランプ氏のコメントを「高く評価」はしないとは思うが、今様々な場面で生じている「米国の歪み」をしっかりと直視して付き合っていくことが必要だと思う。このままだと、米国と仲良しであることが大きなリスクになりかねない。近頃そんなことを感じている。
nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

落としどころを探れないのか?~「日韓合意」で韓国「新方針」~ [時事雑感系]

 1月15日、読売新聞社が行った世論調査の結果が公表された。これによると、慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意について、韓国政府からの追加要求には応じないとする日本政府の方針を「支持する」と答えた人は83%に上ったという。文在寅(ムンジェイン)大統領の追加の対応を求める新方針に「納得できない」は86%に上り、韓国を「信頼できない」と思う人は、「あまり」と「全く」を合わせて計78%に達したという。圧倒的な数字だ。

 この問題について、安倍首相の記者会見での発言では「合意は国と国との約束で、これを守ることは国際的かつ普遍的な原則だ。韓国側が一方的にさらなる措置を求めることは、まったく受け入れることはできない」ということであり、これは普通に考えて「もっとも」なことのように思える。

 しかし小生は、この問題が生じてからの日本政府の対応が、あまりにも頑なで、「1ミリも動かさない」なんてなんだか子供じみてさえいるように思えてならなかった。いわば、先の世論調査の結果から見れば、圧倒的少数派のへそ曲がりといえる。そんな風に思っていたところ、評論家で元外務省国際情報局長の孫崎享氏の記事を見つけた。

 「公式文書すらない日韓合意、韓国の見直しを非難する安倍首相のほうが異常で非常識」と題する「ビジネスジャーナル」の記事だ。

http://biz-journal.jp/2018/01/post_22002.html

 もともとの合意内容と新方針(どちらも参照必須!)についても記載された長い記事なので、詳細はサイトを参照していただきたいが、要点を極めて乱暴にまとめれば、以下のようになる。

1.今回の合意は「条約」でも「行政レベルの合意書」でもなく、「署名なしの合意」、いわゆる「口頭約束」である。署名つきの合意でも拘束は行政機関の存続期間に限られるため、新たな政権に順守を求めるのなら、新たな約束を取り付ける必要があるのではないか。
(例)「日米同盟未来のための変革と再編」という文書は、2005年以降日本側の政権が交代するたびに日米間で順守を確認している。

2.民主主義(国民主権)体制の国では、主要政策は選挙後変更されることがある。国民の関心が高い問題で新政権が方針を変えることは異常ではないし、外相間で署名を得ていない合意から離れることは十分あり得る。
(例)米国(トランプ政権)のTPP、NAFTA(北米自由貿易協定)からの離脱、英国のEUからの離脱など。

3.2015年の合意発表の際に「最終的かつ不可逆的に解決される」と述べたことは、旧政権外交責任者に責任がある。しかし「できないこと」を「できるふり」をした両国政府の責任でもある。

 以上だ。まあ、政府間の約束事を簡単に反故にされてしまうのでは困るが、韓国政府も国内世論と日本との関係の板挟みで苦しい立場だろう。「新方針」にはかなり苦心した様子が見て取れる。「1ミリも動かさない」頑なな態度よりも、相手の苦境に理解を示せる大人な対応のほうが、今後のためには大いに役立つのではないかと思う。

 最近のニュースを見ていて思うのだが、安倍政権の「中国」「韓国」「北朝鮮」へのばかに強気な姿勢と米国への盲従的な姿勢が極端になってきていると感じる。また、「北」や「中国」の脅威を煽って、効果のほども定かではない米国製の超高額兵器購入やまるで航空母艦まがいの「護衛艦」の建造を進めているが、「国民の命と暮らし」を守るのは軍事力だと本気で思っているのだろうか。

 残念なニュースもある、2017年のノーベル平和賞を受賞した「核兵器廃絶国際キャンペーン」(ICAN〈アイキャン〉)の事務局長ベアトリスさんが、来日に伴い安倍首相との面会を求めていたが、外務省から「日程の都合があわず難しい」と断られたという。唯一の被爆国の首相が核兵器廃絶の運動に背を向ける姿を、国際社会はどう見るだろう。

 孫崎氏は、先の記事の中で、日韓合意の問題で「安倍首相の異常さを指摘する声が聞かれない日本という社会が、相当深刻な異常段階に入っている」と述べているが、国際的な評価を受けてノーベル賞を受賞した団体に敬意を払うどころか、リーダーが逃げ回っているようなこの国も「変な国」に見えてしまうのではないか。とても心配だ。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

jmhの今年のニュースベスト3~畑、バイク、そして・・・~ [たわごと系]

 年末にはあちこちで「今年のベスト〇☓△」が話題に上るが、今年は小生にとってもけっこういろいろな出来事があったので、初めて「今年のベスト3」を考えてみた。
 まずは、畑仕事関係から。

 昨年から「ちょっと勤め人、ちょっと百姓」の小生だが、かねてより休耕地対策で、けっこう広い畑を草刈をしたり、トラクターで起こしたりして除草を続けていた。しかし余りにも生産的でないので、お隣甘楽町の「菜の花プロジェクト」に相談したところ、九月に菜の花のタネ(ナタネ)を蒔いていただいた。
 このまま順調にいけば、来年4月頃には畑が全面菜の花で埋まり、その後ナタネを収穫して「菜種油」の生産に一役買うというのが作戦だ。
 そんなにうまくいくものかどうかわからないが、目下期待して春を待っている。

2017best3009.jpg
9月に種まき、11月に中耕除草した12月の菜の花畑、春の開花を心待ち

2017best3010.jpg

「菜の花プロジェクト甘楽」のHPはこちら、興味のある方はどうぞ。
http://www.soeinet.or.jp/~suneya/nanohana-HP/

 次のニュースはバイク関係。18年付き合ってくれた「ハーレーダビッドソン スポーツスター1200S」に別れを告げ、250CCのスクーター「ベスパGTS」に乗り換えることになった。けっこう「ものを大事に使う」小生だが、18年とはよくがんばってくれた。しかし、車検費用と車体重量の重圧で、ついに諦めるに至ったわけだ。

2017best3006.jpg 2017best3011.JPG
18年付き合ってくれたスポーツスター、お疲れ様

2017best3005.jpg
ノーマル状態のベスパ250GTS

すこしずつカスタマイズが進行中で・・・
2017best3004.jpg 2017best3003.jpg
スクリーンとフロアキャリア

2017best3002.jpg 2017best3007.jpg
トップケースとスマホホルダー

2017best3008.jpg
現在のところはこんな感じ。

 250CCスクーターは「退屈なのでは?」と思っていたが、乗ってみるとパワーは必要にして十分、取り回しのしやすさで、日常の足には最適だ。利用度が3倍くらいに上がったことは意外だった。今の小生には、このくらいがちょうどいいと実感した。

 たぶんこれが今年の最大のニュース。40年i以上(!)吸い続けたたばこを今年やめることになった。正確には8月からだからまだ5ヶ月弱、完全に「やめられた」のかどうかは疑わしいが、まあ大丈夫だろう。なぜなら、「買わなくていい」「もって歩かなくていい」「吸う場所を探さなくていい」と「いいことずくめ」に感じているからだ。
 きっかけは「禁煙セラピー」という本。細かいことには触れないが、この本はタバコ吸いの思い込みを覆してくれる。こんなに簡単に禁煙できるとはびっくりだった。おそらく禁煙を本気で考えている人なら、100%成功するのではないだろうか。

2017best3001.jpg
「禁煙セラピー」本1冊でやめられてしまうとは!

 そんなわけで、今年は小生にとってけっこう今までの生活のベースの部分に変化のあった一年、生活スタイルが自然に年齢相応になっていくことを実感した一年だった。さて、果たして来年は一体どんな変化がやってくるだろう。楽しみなような、怖いような・・・。
 ともあれ、お互い良い年を迎えましょう!

nice!(3)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

やきそば大好き!~前橋市「めの娘 大友店」 [食べ物系(カツ丼・やきそば・辛いものなど)]

 現役時代と違って「お手伝い」のような仕事になった今は、時間もある程度自由になるし、「お仕着せ」の食事からは解放されるし、いろいろがとってもらくちんだが、経済的な問題は考えないわけにはいかない。なにしろ収入は「しれたもの」だから、外食などもそれなりに考えながら・・・ということになる。
 このお店「めの娘 大友店」は、サラリーマンはもとより、小生たちのようなリタイヤ組にもやさしいお店だ。なにしろ「ラーメン+ミニ丼」のセットが700円代、これはなかなかうれしい。

2017menoko04.jpg
前橋、中央大橋西側の通り沿いにある

2017menoko05.jpg

2017menoko06.jpg 2017menoko03.jpg
店内はボックス中心で、広い

 きょういただいたメニューは「五目やきそば」、このお店は以前の勤めていた場所から近いこともあり、たまには来ていたのだが、たいてい注文はラーメン、またはラーメンセット。「やきそば」があるなど考えてもみなかったのだ。

2017menoko01.jpg
五目やきそば780円(税別)和風っぽさがうれしい!

 ここの「五目やきそば」、特徴は「ボリュームたっぷり」「あんかけ多め」「醤油味」の「非中華料理店系」のやきそばというところだ。ラードの香りが立つ中華料理系の本物のやきそばもいいが、ここのような半分「日本風」のやきそばも、なんだかなつかしくて小生は好きだ。ここのは、そんなやきそばの代表格かもしれない。

 外食も毎日続けていると「この店はコレ」「あの店はアレ」と決めてかかってしまうことが多いが、それだけではキャッチできないおいしいメニューがある。そんなことを知ったHappyなランチだった。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「そうだ、京都へ行こう!」~紅葉めぐりと「祇園 うえもり」 [紀行系]

 秋になると必ず登場するキャッチフレーズ「そうだ、京都へ行こう!」。もうずいぶん前から使われているが色あせないのだから大したものだ。そんな文句に乗せられて、紅葉は今が盛りの京都へ行ってみた。
 当初の目的はこの秋、盛んに宣伝していた「国宝展」の見物で、まあ行くには行ったのだが、折しも日曜日でたいへんな混雑、到底間近でゆっくり鑑賞というわけにはいかない。それでも「TVでやっていた」有名どころは一通りチェックできたので、早めに切り上げて紅葉見物に向かった次第だ。

 最初に訪れたのは東山の「永観堂」、さすがに紅葉の名所として名高いだけあって大変な人出だ。しかし残念なことに到着したのが遅く、昼間の拝観が受付終了となってしまった。それでも入り口までの僅かな距離でも、すばらしい紅葉を見ることができた。

2017kyoto09.jpg
永観堂は入り口付近でもなかなか見事

2017kyoto08.jpg

 続いて向かったのは、連れ曰く「ライトアップがいい」という高台寺だ。こちらに到着したのはちょうど夜の拝観がスタートした直後だったが、大変な行列だ。列に並ぶこと30分ほどで、ようやく入場となった。

2017kyoto11.jpg
高台寺のライトアップは幻想的
2017kyoto10.jpg

2017kyoto07.jpg

 国宝展からお寺二つの紅葉めぐりでよく歩いたあとは、お楽しみの夕食。こんな観光シーズンの休日に予約がとれるものだろうかと心配だったが、幸運なことに「祇園 うえもり」というお店に席を確保できた。「ぎおんで食事なんて・・・」と、田舎者はびびってしまったが、全くの杞憂、とても居心地のいいお店だった。

uemori6.jpg 2017kyoto16.jpg
2017kyoto12.jpg 2017kyoto17.jpg
2017kyoto13.jpg 2017kyoto14.jpg
2017kyoto15.jpg 2017kyoto18.jpg
「祇園 うえもり」の会席コース、このほかにお椀と別注で湯豆腐をお願いした

 このお店、花見小路という祇園のメインストリートからわずかに入ったところにある「町家風」の料理屋さんだ。一見敷居が高そうに思えるが、お店の皆さんはみんな気さくでアットホームな雰囲気、それでいてお料理は季節感満載で抜かりがなく、値段はリーズナブル・・・といいことずくめのお店だった。
 驚いたのは、接客チーフのお姉さんが小生たちの地元、群馬県の出身だったこと。まさに奇遇で、一層盛り上がってしまった。おいしい料理とあたたかなもてなしで、心も体もすっかりぽかぽかになって、宿へと向かった。

 翌日はこちらも紅葉の大名所だという「東福寺」へ。ここは紅葉の谷を渡る「通天橋」が有名で、谷を通る道から橋の上まで大変な賑わいだった。

2017kyoto06.jpg

2017kyoto05.jpg
谷から通天橋を見上げる

2017kyoto00.jpg

2017kyoto02.jpg
紅葉が散った谷も風情がある

2017kyoto01.jpg
紅葉と苔のコントラストも見事

2017kyoto04.jpg

2017kyoto03.jpg

 一泊二日で駆け足でめぐった京都だったが、思ったより盛りだくさんに楽しむことができた。なんといっても一番の収穫はいい料理屋さんに出会えたこと。京都が大好きな連れと違って、今まであまり足が向かなかった小生にとってはとてもいい出会いだった。これなら「折に触れて」でかけてみてもいいかな・・・。そんな気分にしてくれたHappyな京都の休日だった。

nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

「謙虚」とはほど遠い自民党~野党の質疑時間を縮小とは!~ [時事雑感系]

 総選挙で勝利した自民党、安倍氏や幹部がやたらに「謙虚」という言葉を多発していたが、これがまったく口先だけであることがはっきりした。国会における野党の質疑時間を大幅に縮小したいという方向を自民党が打ち出した。
 
 衆院での与野党の質問時間の配分は、これまで慣例で、野党8割、与党2割としてきたということだが、これを、議席数に応じた比率、つまり与党7割、野党3割にしたいというのが自民党の意向だという。野党は一斉に反発しているが、当然のことだ。

 この問題については、上西充子氏(法政大学教授)が10月29日のYahooニュース「野党質疑の短縮要請は、与党の自信のなさの表れであり、法案審議の意義を損なうもの」と題した記事で詳細に触れて下さっているので、ぜひこちらもご覧いただきたい。
https://news.yahoo.co.jp/byline/uenishimitsuko/20171029-00077505/

 上西氏によれば「議院内閣制の下で、与党は政府提出法案については、国会提出前に既にその内容の検討を終え、了承を行っている。従って、国会の法案審議において、与党と野党の果たすべき役割は大きく異なる。・・・与党の部会が十分議論した内容が法案として国会の委員会に出てくるのだから、国会の質疑時間が野党に厚く配分されているのは理にかなっている。自信をもって国会に提出された法案であれば、野党の追及に対しても的確に答弁によって反論し、理解を得ることが可能なはずだ。・・・にもかかわらず、野党の質疑時間の圧縮をねらうのは、野党の追及に耐えられないことを恐れているからではないか。」とのことだが、全くその通りだと思う。

 そもそも現在の8対2という比率も、5年前に自民党が野党だった時代に、与党民主党に強く要求して定まったものだというから、明らかに言っていることが矛盾している。また、若手議員から質問の機会を与えてほしいという要望が強いという理由も、単に「TVに映るところでやりたい」ということのように思えてならない。もししっかりした質疑をしたいのであれば、あらかじめ行われる党内の「部会」の審議に加わればいいだけの話ではないのか。

 今回の自民党の動きは、小生のようなシロウトから見ても、あまりにも「浅はか」で「姑息」、なんだか「情けない」ものに思える。与野党で磨き合ってよい政治をしていこうという空気が、この10年ほどの間にどんどん失われて、単純な「数がすべて」の政治に変わってきているように感じられてならない。

 総選挙の自民党勝利の原因のひとつは、20代~30代の若い層の自民党支持率が高かったことだと言われている。その理由は自民党に「安心感」「安定感」を感じ、野党には逆に「不安感」を覚えるということらしいが、訴える政策の中身よりもイメージが先行する風潮というのはとても心配だ。ともすれば「大きなもの」「強い力」が「正しいもの」に見えてしまいがちだからだ。

 大きな権力を手にした者にこそ求められるのが「奢らないこと」「謙虚であること」だと思うが、一強といわれる現在の自民党はどうか。強引な国会運営、いろいろな疑惑への不誠実な態度、果ては大義なき選挙、そして今回の国会運営にまつわる動き・・・。自民党内にも長らくこの国を率いてこられたベテラン議員さんが大勢おられることだろうが、今のこういった状況をどう見ているのだろうか。自民党内からの声はあまり聞こえてこないように思える。・・・ということは、もしかしたら小生たちは、ブレーキの効かなくなったクルマに乗せられてしまっているのかもしれない。なんともオソロシイことだ。

nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

国政選挙のマジック?~得票4割以下でも、議席6割以上とは!~ [時事雑感系]

 衆院選が終わった。「自公が勝利」「希望は失速」「立憲が健闘」という結果は、おおむね事前の予測通りで、こんなに「当たってしまう」なら選挙の面白さもないなあ・・・などと思ってしまった。

 今回の投票率は全国平均で53.68%だそうだ。期日前投票が大幅に増えたとのことなので期待してみたが、結果は前回を若干上回る程度だった。まあ、台風の影響も考えれば、これでも立派なものなんだろうか?それにしても有権者の半分近くが選挙に行かない国なんて、世界中に他にないんじゃないか。

 国のリーダーはこんな状態をどう思っているのだろうか?この国の政治の仕組みは「みんなが参加する」ことで成り立つようにできている。よほど真剣に考えるべき課題だと思うが、どうも本気の対策が講じられる様子もない。こんな状態を、よもや「都合がいい」などと思ってはいないのだろうが...。

 さて、本題だ。これは選挙があるたびにいつも言われていることなのだが、有権者の意思が投票によってちゃんと国政に反映されているのかという問題だ。今回の選挙結果を小生なりにまとめたものが、下の表だ。

2017sousennkyodata.jpg

 これを見ると、比例区の各党の得票比率は事前の世論調査などで示されたものと大きく変わらないように見える。おそらくこれが有権者の政党支持の実際のところなのだろう。ところが、これが小選挙区の当選者数で見ると著しく異なる。自民党が4分の3を占めてしまうのだ。小生の住む群馬県も代表的な保守王国だから、小選挙区5議席全部が自民党で占められている。こんな県が全国のあちこちにあるのだろう。

 まあ、「一番」の候補者がその選挙区のすべての票を持って行く「総取り」方式が、小選挙区制度の特徴だから当然のことなのだが、それを補うとされている「比例代表」を加味しても、当選者の比率は政党支持の比率とは相当かけ離れている。これで民意がちゃんと反映されているといえるのだろうか?どうにも疑問だ。「一票の格差」が裁判にまでなっているが、小生はこの制度(小選挙区制度)そのものこそが問題だと思っている。

 なぜ今さらこんな話を持ち出したのかというと、選挙後各新聞が報じている安倍総理の記者会見内容が気になったからだ。安倍氏は「改憲に意欲」を見せているというのだが、与野党で「合意形成に努める」といいながら、野党第1党、つまり立憲民主党と合意できなくとも、合意できる党だけで改憲発議をめざすという考えらしい。これは結局最終的には「数の論理」で改憲に進むということだ。

 総選挙によって与党は大きな議席を得るに至った。そのことは紛れもない事実だが、その数に表れない有権者・国民の意思があることにも思いを致すべきだろう。民主主義は「多数決主義」ではなく「少数意見の尊重」こそが大切と言われるが、その通りだと思う。とりわけ憲法は「国の姿」であり「国のあり方」を示す理念の法だと小生は思う。なぜ憲法を変えなければならないのか?変えなければできないことは何なのか?安倍首相にはぜひそのことについての「丁寧な説明」をしていただきたい。もちろん「もり・かけ」の疑念を晴らした上でだ。

 
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

どうなる?衆院選~「ひとり600円」の政治参加を!~ [時事雑感系]

 衆院選がもう終盤にさしかかる。これまでの情勢分析では「与党盤石」「自公で300議席」などだが、この数字、小生には何とも信じがたい。なぜなら、小生の周りにいる人々のほとんど全部が安倍政権の政治ににうんざりしているからだ。いったい何が与党を「盤石」にしているのだろう。

 各種世論調査などでは、政党支持率、内閣支持率ともにそう高くはないものの、大きく減らしている様子もない。40%付近のところで安定してしまっている。また「無党派・支持政党なし」の30~40%も大きな変化はない。ということは、残りの20~30%をいわゆる「野党」で分け合っていることになるわけで、これは無党派を動かすよほど大きな出来事がなければ、政権交代は起こりえないということだろう。

 今回の「台風の目」と目されていた希望の党は、都知事選、都議選の勢いで国政に打って出ようとしたのだろうが、そもそも期待の東京都内で「築地移転問題」などがくすぶっていることに加え、民進党との「合流」に際しての小池代表の発言、「さらさら」「排除」に反発が広がり、今や「失速」の様相らしい。

 かたや希望の党に「排除」された民進リベラルが立ち上げた「立憲民主党」は、ある意味「ふっ切れたわかりやすさ」が受けているのか、想像以上に健闘しているようだ。特にインターネット上での存在感は抜群だ。ツイッターのフォロワーが一晩で5万件を超え、わずか数日で自民党が何年もかけて積み上げてきた数字をあっという間に抜き去ってしまったというから驚きだ。

 しかし、二大政党制の確立をめざして「幅広く」結集し、一度は政権を取ることに成功した民進党(旧民主党)は、無所属も含めて3分裂することになった。このことが結果的に自公勢力を利することになってしまっているのではないだろうか。また、やや勢いを失ってきているとはいえ、相当数の旧民進党議員を擁することとなった「希望の党」だが、小池氏は多分に「タカ派」な人物だ。この党が選挙後にどんな振る舞い方をするのか、こちらも心配の種だ。

 中盤の情勢でも全体の構図は大きく変わらないようだが、違っているのは期日前投票を行った人の数が前回の参院選の1.5倍に上っているらしいということだ。これが何を示すのかわからないが、さるテレビ番組のコメンテーター氏は「期日前投票の数は投票率のひとつのバロメーターにはなり得る」との見解だった。

 小生が考える今回の選挙の争点は、1にも、2にも「安倍政治」そのものだ。選挙応援の演説で安倍氏は盛んに「アベノミクス」の成果を強調しているが、国の統計規模の大きな数字がいかに上向いても庶民の生活実感が伴わなければ意味をなさないと思う。そもそも「経済」という言葉のもとになった「経世済民」とは「国を治めて、民を救済する」という意味だそうだ。国や一部の国につながる者たちが富んで、民がやせ細るような政策は「経済」ではないだろう。

 選挙まであと5日ほど。まだまだ先はわからない。結果がどうなろうと願うことは一つ。民意がしっかり反映される選挙になることだ。投票率が95%にものぼるというオーストラリアは、罰則規定(罰金)を設けているらしい。極端な例かもしれないが、本気で投票率を上げるつもりがあるなら検討に値するだろう。

 今回の総選挙でかかる費用は600億円以上だという。有権者ひとりあたりにすれば600円以上、棄権した場合はその分が「ドブに捨てられる」ことになる。なんともモッタイナイ話だ。これが無駄遣いになるかどうかは、小生たち一人ひとりの行動次第だ。「政治は自分のくらしのこと」と考えて、貴重な政治参加のチャンスを生かしたい。

※おまけの話
 前の記事でも書いたが、今回、立憲民主党がネットで大躍進しているとの情報を得て、遅ればせながら小生もこの流れに乗ってみようと、今まで手を出しかねていたツイッターやフェイスブックのアカウントを作ってしまった。はじめてみたらフェイスブックは特に便利で、お手軽で、すっかりはまりそうだ。しかしおかげでこのブログ更新はさらに「気まぐれ」になってしまいそうだ。
nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | -